Web広告を打ち出したいと考えているけれど、種類がありすぎてどれを選んだらいいのか分からないという担当者の方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方々必見!今回は迷わないWeb広告の選び方をご紹介いたします!

================
目次
1:Web広告のメリット
2:Web広告の主要7種類
ーディスプレイ広告
ーリスティング広告
ーリターゲティング広告
ーSNS広告
ー動画広告
ーアフィリエイト広告
ーメール広告
3:3種類のターゲット層
ー潜在層
ー顕在層
ー明確層
4:Web広告の選び方
まとめ
================

1:Web広告のメリット

そもそもWeb広告にはどのようなメリットがあるのでしょうか。まずはWeb広告のメリットを確認してみましょう。Web広告のメリットには以下の4つがあります。

・コストを抑えて広告が出せる
・届けたいユーザーを絞って配信することができる
・ユーザーとのタッチポイント(接点)を増やせる
・広告効果を詳細に確認できる

これら4つのメリットから分かるように、Web広告は、効果的な広告を的確なユーザーに打ち出すことができるのです。

2:Web広告の主要7種類

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告は、ウェブサイトやスマートフォンアプリの広告枠に表示される広告のことを指します。ディスプレイ広告は、幅広い層に認知拡大が可能である点がその特徴であるといえます。

ディスプレイ広告には、以下の3つの種類があります。

・広告主が広告枠を買い取って広告掲載をする「純広告」
・WebサイトやSNSなど複数の媒体を集めた配信ネットワークにまとめて広告配信する「アドネットワーク」
・純広告のような「枠」ではなく、「人(Cookie)」に対する配信ツールである「DSP」

様々な形式が用意されているディスプレイ広告は、ユーザーへの戦略的なアプローチが期待できるWeb広告です。

リスティング広告

リスティング広告は、検索エンジン(GoogleやYahoo!など)の検索結果ページに表示される広告です。リスティング広告では、ユーザーが検索したキーワードに応じた広告が表示されます。したがって、広告の内容に大きな関心を持っているであろうユーザーに広告を打ち出すことができるという特徴を持っています。

リターゲティング広告

 リターゲティング広告は、過去にWebサイトを訪問した経験のあるユーザーにむけて広告を表示し、再訪問を促すことができます。ネットで何か検索したり、購入したりしたあと、それらに関連した広告を目にすることが多くあるかと思われます。それが、リターゲティング広告になります。上記のリスティング広告と同様に、この広告も、広告の内容に興味・関心を持っているであろうユーザーに広告を打ち出すことができます。

SNS広告

SNS広告は、LINEやTwitter、Instagram、facebookなどのSNS上に配信される広告です。この広告の最大の特徴は、非常に高いターゲティング精度です。SNSユーザーの属性や、行動履歴などの詳細な情報をもとにユーザーを絞ることができるため、高いターゲティングが可能となっています。また、SNS広告は、ユーザーからユーザーへシェアされることで、広告のリーチを拡大していくことができます。

動画広告

動画広告は、その名の通り動画を用いた広告です。動画を用いることで、ユーザーに視覚的な情報を多く与えることができます。動画と聞くと、YouTubeのような動画投稿プラットフォーム上に掲載されるものが想像されやすいですが、その掲載先は実に多様です。YouTubeのほかに、Twitter、TikTok、InstagramなどのSNSにも掲載可能です。

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告は、紹介者がWebサイト上で広告主の商材を紹介し、その成果に応じて紹介者に報酬(広告費)が支払われる広告です。この商材の紹介者は、アフィリエイターと呼ばれています。この広告の特徴は、広告主の設定した成果(コンバージョン)に応じて広告費が発生する点です。費用が発生するタイミングが、コンバージョンに至ったときになるので、非常に費用対効果の高い広告形態となっています。

メール広告

メール広告は、その名の通り電子メールを用いた広告です。メールマガジンを配信する際にフッター部分やヘッダー部分にリンクや広告文が掲載されている形と、内容全体が広告になっているものの二種類がメール広告に該当します。メール広告は、既に商材に興味がある、購入したことがある人に直接配信することができることが大きな特徴です。以前、商材を購入したユーザーに再購入を促す際に非常に効果的だといえます。

3:3種類のターゲット層

次にターゲット層についてご紹介します。Web広告の紹介記事でなぜ、ターゲット層の紹介が必要なのか?と思われたかもしれません。しかし、どのターゲット層に向けて広告を打ち出したいのかによって、選択すべきWeb広告の種類は大きく変わってきます。したがって、広告の効果を最大化するためには、ターゲット層についての知識も必要不可欠といえるのです。

潜在層

潜在層とは、自社の商材のジャンルに興味・関心があるものの、購入までには至っていない、あるいは商材を認知していないユーザーのことを指します。

例えば、新しい秋服を購入したい男性がいたとします。彼は秋服を購入するために、検索エンジンで「2021年 秋服」「秋服 トレンド」といったざっくりとしたキーワードで検索するかもしれません。こういったユーザーはファッションブランドにとっての潜在層に該当します。求めているジャンルはハッキリしているが、商品まで明確になっていない彼のような人が潜在層です。

顕在層

顕在層とは、自社の商材のジャンルに属する、ブランド、商品、サービスを認知しており、それらの比較検討段階にあるユーザーを指します。

先程、秋服を購入したいと男性は、調べていくうちに段々と欲しい商品が明確になってきました。「ワイドパンツ」や「チェスターコート」といったより具体的なジャンルで、ブランドごとの商品比較をし始めている状況です。このようなユーザーのことを顕在層といいます。

明確層

明確層とは、既に自社の商材の利用経験があるユーザーのことを指します。

秋服を購入したいと考えていた男性は、検討の末、あるブランドの商品を購入しました。このブランドから見たとき、この男性ユーザーは明確層に該当します。

4:Web広告の選び方

ここまででご紹介したWeb広告7種類と、ターゲット層3種類を踏まえた、Web広告の選び方のマトリクスを制作しました。このマトリクスを確認して、ターゲット層に適したWEB広告を打ち出しましょう!

マトリクスを見てみると、ターゲット層ごとに利用すべきWeb広告が異なることが分かります。

潜在層:アフィリエイト広告、動画広告、ディスプレイ広告、SNS広告
顕在層:リスティング広告、リターゲティング広告、SNS広告
明確層:メール広告、SNS広告

やはりSNS広告は、潜在層~明確層まで幅広くカバーができる万能なWeb広告ですね。若年層に向けた広告であればSNSがベストかもしれません。技術力や予算とも相談しながら、適したWeb広告を選んでみてください!

まとめ

「もう迷わないWeb広告の選び方!~Web広告7種類の違いをご紹介~」はいかがだったでしょうか?

導入のハードルが低いこともWeb広告の利点ですので、気になったものがあればぜひお試しくださいませ!ターゲット層を絞って、効果的なWeb広告を打ち出しましょう!

お問い合わせ