ホームページは一般的に、文章と写真(画像)で構成されています。文字だけでホームページを作ることも可能ですが、それだけでは伝わりにくいことや表現しにくいこともあります。イメージを分かりやすく伝えるためにも、ホームページにおける写真の役割はとても大きいといえます。
そんなホームページ制作に欠かせない写真を用意する方法はいくつかあり、また扱う際にはいくつか注意すべきポイントもあります。そこで今回は、ホームページ制作で大切な写真についてご紹介します。

ホームページに掲載する写真の注意点


ホームページ制作で写真を使用するメリットは、明確にイメージを伝えられるという点です。ですが、掲載する写真によっては、かえってマイナスの効果が生じる可能性もあります。例えば飲食店の場合、掲載されているメニューの写真が暗くなっていれば、おいしそうに見えなくなります。そのため、掲載する写真はよりきれいでくっきりしたものを用意することが大切です。

また、写真の見栄えだけでなく、ホームページに掲載する写真に統一感を持たせることも大切です。サイズがバラバラになっていたり、構図や色合いにバラつきがある写真が並んでいたりすると、訪問者にとって見づらいホームページとなりますので、ホームページ制作の際は、全体を見て統一感のある写真を利用しましょう。

写真を用意する方法

ホームページ制作で使用する写真は、自社で撮影する場合とプロのカメラマンに依頼する場合があります。
最も手軽なのは、自社で写真を撮影する方法です。この場合は好きなタイミングで手軽に撮影することができます。しかし、撮影用の機材を一通りそろえる必要があり、費用がかかります。また、よい写真を撮影するためにはある程度撮影テクニックも学ばなければならないことから、専門家に相談することをおすすめします。

プロカメラマンに依頼する際に気をつけいたいポイントとは?

プロに依頼した場合、よりきれいな写真を確実に入手できます。しかし、依頼する際には気をつけておかなければならないことがいくつかあります。
ひとつは、事前にどのような写真を撮ってほしいかを検討しておくことです。ホームページ制作の過程でイメージが固まっていれば、撮影前に要望をカメラマンに明確に伝えることで、希望に添った写真を撮影してもらうことができます。しかし、どんな写真が欲しいか明確になっていなければ、イメージに合致した写真を撮影することはできません。

もうひとつは、カメラマンにも得意不得意があるということです。人物や風景など、カメラマンはそれぞれ得意としている題材があります。イメージに合致した写真を撮影してもらうためには、カメラマンの得意不得意にも留意しなければなりません。

公開されている写真素材を利用することもできる


撮影が難しい写真、特に人物であればプロのモデルに依頼しなければならない場合もあるので、大変な作業を要します。かかる費用も大きくなりやすいため、なかなか撮影を依頼することができないことも。そこでおすすめしたいのが、素材サイトです。
インターネット上には、ホームページ制作で利用できる写真を公開している素材サイトがたくさんあります。無料で利用できるものや有料で利用権を販売しているものなどさまざまなので、制作するホームページに合ったものを探してみてください。このとき、利用規約には注意が必要です。商用利用が不可能であったり、加工が禁止されていたりとさまざまな利用規約があるため、必ず確認してから利用しましょう。

まとめ

ホームページ制作において、写真は重要な要素です。自社のホームページにぴったりの写真を用意できれば、訪問者によりよいイメージを与えることができます。今回ご紹介したように写真を用意、あるいは使用する際にはさまざまな注意点があるので、これらを踏まえた上でぴったりの写真を探してみてください。