こんにちは、プランナーの三村です。
Webサイトのご担当者でしたら「ABテスト」というキーワードを一度は耳にしたことがあるかと思います。
「ABテスト」とはWebマーケティングの手法の一つでして、複数のボタンやバナー画像を用意してそれぞれの効果を検証し、より大きな成果を上げるための施策です。

このABテストが優れているのは、
・比較的安価に軽微改修で実施できる
・実施に時間がかからない
・リアルタイムに効果の比較検証・改善が行える
・ツールを活用すれば自動で勝ちパターンを反映してくれる

という高い費用対効果が期待できる点にあります。

そこで今回は「ABテストって聞いたことあるけど、自社のサイトで実施する意味あるの?」という方にABテストの魅力をご説明します!

————-
目次
1.ABテストとは
2.ABテストの実施事例
3.ABテスト実施までの流れ
4.まとめ

————-

1.ABテストとは

改めての説明になりますが、ABテストとはWebサイトやWeb広告におけるクリエイティブ(バナーや画像の見た目、テキストといった制作物)の良し悪しを検証するため、複数パターンのクリエイティブを公開し、その成果を比較することで、最適なものを見出すマーケティング手法のことを指します。
ABテスト説明

〇ABテストのパターン

WebサイトやランディングページでABテストを実施する際、テストを実施する箇所にはある程度パターンがあります。そのパターンに沿って実施することで、検証の精度を高めることが重要です。

■テキストをテスト
サイトTOPに表示されるメインビジュアル等で訴求するテキスト(キャッチコピーなど)でテストを行います。サイトで訴求する製品・サービスの内容は同じでも「お問い合わせはこちら」か「無料相談はこちら」という表現の違いでクリック率が変わる場合があります。このように、「ユーザーに刺さる謳い文句は何か」を検証していきます。

■ボタンの色・形をテスト
「問い合わせ」や「カートに入れる」といったサイトのゴールへとつながるボタンの色や形でテストを行います。ボタンの色だけでも、どの色かによってクリックされる確率が大きく変動する場合があります。そのためいかにボタンを目立たせるか・どういう印象を与えたいかなどを考慮してボタンのクリエイティブを選択する必要があります。

■サイトの設計をテスト
ナビゲーションの位置やサイトのレイアウトでテストを行います。レイアウトによってサイトの使いやすさに大きく影響を与えるため、ユーザーがストレスを感じないレイアウトを検証するために実施します。

2.ABテスト実施事例

実際にABテストを実施してどうなるのか、サイトのコンバージョン(売り上げや問い合わせ)に対してどれだけ影響があるのか気になるところかと思います。ECサイト、コーポレートサイトの事例でその影響力を見てみましょう。

■サイト種別 :ECサイト
購入単価  :5,000円
月間アクセス:30,000件
購入率   :3%
ABテスト事例1

現在Aというメインビジュアルを表示していてコンバージョン率は3%。
ABテストを実施して新たにBというメインビジュアルを設置するとコンバージョン率が3.5%だったとします。

「Bの方がいいけど多少の差だな」という印象ですが、これを売上で見てみると、
ボタンA:単価5,000円×アクセス30,000件×3%・・・売上月間450万円(年間5400万円)
ボタンB:単価5,000円×アクセス30,000件×3.5%・・・売上月間525万円(年間6300万円)

つまり、たった画像のテキストを変えるだけで、じつに年間売上900万円の差が生まれることになります。大掛かりなサイト改修を行わなくても、このような成果を出すことも可能です。

■サイト種別 :工業製品を取り扱うコーポレートサイト
ABテスト対象:問い合わせフォームへリンクするボタン
ABテスト事例2

現在Aというボタンを表示していて月間お問い合わせ数が10件。
この月間10件という数字が良いのか悪いのか、なかなか判断するのは難しいですよね。
そんな時、Bというボタンを準備し、ABテストを実施して、効果の比較検証をするのもおすすめです。ちょっとしたボタンの修正で有効お問い合わせ数が増加する、といったことも期待できます。

3.ABテスト実施の流れ

たびたびお伝えしてますが、ABテストはサイトの改修やリニューアルと比べ手間も費用も押さえて実施することができます。実際にABテストを実施する際は大きく3つのステップで完了します。

①該当サイトの現状分析し、仮説を立てる
②テストパターンの画像やテキストの作成→公開
③テストの効果計測→勝ちパターンの反映

実際に作業が必要な個所は①②でして、③はツールを用いて自動化することができます。
①②においても、該当箇所前後のページ遷移の分析とバナー・ボタンの作成のみで、大規模な分析や企画、制作は必要ありません。

コスト面においても、バナー作成のみの場合とサイトリニューアルとでは大きく差が出ます。
・バナー作成 数千円~数万円
・サイトリニューアル 数十万~数百万円

ABテストを実施する際は加えて設定費用やツール利用料がかかると思いますが、それを加味しても、リニューアルに比べ圧倒的に低コストで実施することができます。

4.まとめ

ABテストの魅力が伝わったでしょうか?数万円~実施できますが、高い費用対効果が期待できるお手軽な施策です。実はブリッジでも、ABテスト実施サービスをご提供しております。テスト実施箇所のご提案から、テストパターンとなるバナーや画像のご提案・作成も行っておりますので、少しでも興味を持たれた方はお気軽にご相談ください!

「ABテストに関するお問い合わせ・お申し込みはこちらから」