Webコンサルティングには、Web業界やサイトに関する幅広い知識が必要不可欠です。これらの知識は一朝一夕で身につかないからこそ、私たちのようなWebコンサルタントの需要は高くなっていると考えています。ここでは、Webコンサルティングやサイト運営を個人で行うことの難しさを伝えると同時に、コンサルタント(専門業者)に依頼することでどのような効果や成果が見込めるのかについてご紹介します。

Webコンサルティングとは


そもそもWebコンサルティングとは、どのようなサービスなのでしょうか。まず、コンサルティングの意味から考えましょう。一般的にコンサルティングは、会社や官公庁、自治体などに対して、専門知識をもとに、問題点を把握したり、原因を分析したり、解決策を提案するなどしてサポートする業務を指します。

Webコンサルティングであれば、「顧客が設定している目標に対して、現在公開しているWebサイトにどのような問題があるのかを調べ、原因の分析・解決策の提示を行い、効果的なWebサイトを提供する仕事」といえます。

最近ではスマートフォンやタブレット端末が普及しているため、多くの方がWebサイトを使用して情報を探す時代になりました。そのため、Webサイトからの売上や商機の獲得は多くの企業で重要な割合を占めており、私たちのようなWebコンサルタントは、企業ごとに最適なプランを提案し、売上に貢献できるWebサイトを提供しています。

幅広いWeb知識が必要

Webコンサルティングを提供するには、幅広いWeb知識が必要です。Web業界の案件に携わる上では、WebデザインやHTML、データ分析などの知識は、実務が実際にできるかはともかく、基礎知識をきちんと押さえておく必要があります。Webサイトの制作過程に携わる方は、実学の知識を身につけておくことが重要です。
また、サイト制作の技術だけではなく、関心を持たないさまざまな分野や業界に関しても、Webで調べてみたり関連書籍を読んでみるなどして貪欲に知識を吸収することも必要です。

お客様とのコミュニケーションを大切に


Webコンサルティングに限らず、コンサルティング業務を行うにあたっては、お客様とのコミュニケーションは欠かせません。Webサイトの知識や検索順位の上げ方などの知識面に加えて、お客様との綿密な意思の疎通が不可欠となります。

現状を分析したり企画書を作成したりするにあたっては、お客様であるクライアントの事業内容や現在の状況を詳細に把握していればしているほど、より適切な提案が可能となります。それゆえ、いかにクライアント企業のサイト担当者と密に連絡や連携をとることができるかが、Webサイトの運営の成功を分ける要因となります。

まとめ

Webコンサルティングに必要なのは、専門知識だけではありません。今後Webコンサルティングを依頼する上で、専門知識や対応範囲、または過去の実績だけでなく、コンサルタントとの連携がどれだけ密に、そして円滑に可能であるかが重要となります。