閉じる
このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのために、Cookie(クッキー)を使用しています。このバナーを閉じるか、閲覧を継続することでCookieの使用に同意するものとします。 詳細はコチラ詳細はコチラ
[ 閉じる ]

WORKS 事例・実績

財団法人京都市環境事業協会 京エコロジーセンター

案件概要
「人」からのメッセージを大切に伝えて、成果を出す。COP3を記念したセンターのサイト改修

ご要望

  • 01 問合せを増やし、センターに来る人を増やしたい!

カイケツのポイント

  • 「何をしているか」を全面に出して、参加動機を高める!
  • コンテンツとデザインで親しみやすさを出し、いきたいと思わせる!

カイケツの流れ

ユーザーをみつけるブンセキリョク
リニューアルするにあたっての目的として、コンバージョン率の上昇を目指しました。
ゴールを決定した上で、他の環境サイトにはない京エコロジーセンターの魅力を最も訴求できる切り口は何かを考え、「センターに集まる人の『エコ語り』を訴求する」ことをコンセプトにサイト制作を行いました。
ホシイをうみだすキカクリョク
エコロジーセンターに携わる方にクローズアップするコンテンツとして、「エコびとのまなび」をご提案しました。ボランティアスタッフであるエコメイトやエコセンスタッフ、セミナー・イベント講師が自分の言葉を語ることで、身近な施設であることを感じてもらう狙いもあります。更に、ただ事業説明をするだけでは伝えられないメッセージを発信し、センターへの来場や活動への参加への動機付けとなると考えました。コンテンツの最後に活動報告を紐付けて理解促進をはかる他、エコセンブログから各イベントリポートを行うことで、活きたサイトであることを印象づけるサイト構成としております。
ココロゆさぶるセイサクリョク
デザイン面では、メインビジュアルでも人を訴求し、あえて施設外観などのビジュアルは抑えて制作しました。また、エコを思わせる素材やパステルカラーをふんだんに使用し、絵本のような世界観をベースに、親しみやすさを出しています。
システム面ではCMS(※)をふんだんに導入。ブログ、最新情報、イベントカレンダーなどが手軽に更新可能です。さらにエコびとのまなびコンテンツでは、動画も簡単に掲載できるようご提案いたしました。
※CMS=専門知識がなくても、誰でも文章の編集ができるソフトのこと。

OTHERS その他の事例