広報室だより

  1. HOME
  2. 広報室だより
  3. 【エスノグラフィワークショップ】レポート

05 November , 2013

【エスノグラフィワークショップ】レポート

こんにちは、ブリッジ広報室の鈴木です。

11月2日、UX KYOTOセミナー「エスノグラフィワークショップ」を主催させて頂きました。
今回、ご好評につき定員増員いたしましたが、キャンセル待ちに回られたり参加を断念された方々のご要望にお答えできず大変申し訳ございません。

次回セミナーの受付も今月半ばには開始予定ですので、今しばらくお待ちくださいませ。

それでは当日のレポートです。

 

  • 講義

今回はフィールドワークがあるため、朝10時から講義開始・・・!
今回も講師は浅野智先生です。

▼浅野先生のブログはこちらから
情報デザイン研究室

 

まずはエスノグラフィについてのご講義を頂きました。

エスノグラフィとは、人間中心設計に基づいて商品・サービス開発を行うための第一ステップと言えます。
集団や社会の中にこちらが入り込み、現場の姿を直接観察したり聞き取り調査を行います。
この調査の仕方を質的調査と言い、アンケートや売上データによる定量調査に変わりマーケティング分野で注目されています。

このエスノグラフィはユーザーの行動や背景をつぶさに観察しすることで、新商品・サービス開発の足がかりとなるものです。

 

  • フィールドワーク

一通りの講義が終わればフィールドワークへ!

今回は「食の新Webサービスを考える」をテーマに、
ショッピングモールのフードコートへ移動し、各班ごとにカメラを構えてエスノグラフィを行います。

調査前には観察のポイントをしっかり決めておいてくださいね。

盗撮だと勘違いされないように!とのご指導を守りつつ、
それぞれ「これだ!」と感じるシーンを撮影していました。

 

  • ワークショップ

帰ってきたら早速写真をプリント。
枚数に制限を設けていたので、チーム全員でああでもないこうでもないと選定します。

プリントした写真を見ながら、読み取れる価値を抽出して付箋に書き込んでいきます。

次に価値ごとにシーンを分類していきます。
分け方にチームのカラーが出ていますね!

最後はチームごとにプレゼンを行い、「人はなぜ食べるのか?」について参加者全員に共有。
どのチームからも学ぶところが多く、大変勉強になります。

 

  • 懇親会

今回は朝早くからお集まりいただき、ありがとうございました!
プレゼンが終わったらお待ちかね?の懇親会です!

懇親会には弊社代表の川口も参加させていただきました。
開催当初から様々な業種の方にご参加いただいており、回を重ねるごとに盛り上がっています。

懇親会からご参加希望の方もぜひお申し出下さい!(笑)

 

 

今回参加した当社のマークアップエンジニアは
「フィールドワークや価値マップづくりを行ったのは初めてで、正直ちゃんと出来た気がしませんでしたが、
実際に新しいサービスを作るときに行われるそうなのですごく刺激になりました!
経験を重ねることが大切と伺ったので、ぜひ機会を設けてまたやってみたいなと思います。」

 

また、当社若手ディレクターは
「フィールドワークでは見知らぬ方にインタビューをアポなしでするという普段しない体験をし、ワークショップではクリエイティブな考えを持つ方と意見を交わすことができてとても勉強になりました。
人の行動理由を知るには行動の直後に聞かないとわからない、少しでも時間がたてば思考が混じって本当の理由ではなくなると仰られたことが印象深く、人間中心設計を考えるためのベースとなる考え方を学べたと思います。」

と、ニコニコ話してくれました。

 

浅野先生、会場をお貸しいただいたはてな様、ありがとうございました。

 

次回は12月7日(土) 「ユーザー調査(観察法)」をテーマに開催いたします。

お申し込みはこちらのページより受け付けます。

◆セミナーのお申し込みはこちらから◆

OPENまで今しばらくお待ちください!

このページの先頭へ