広報室だより

  1. HOME
  2. 広報室だより
  3. 【ご注意ください】Javaへの攻撃発生

05 September , 2013

【ご注意ください】Javaへの攻撃発生

こんにちは。ブリッジ広報室の鈴木です。

 

プログラミング言語の一つ、Javaの脆弱性を突いた攻撃が発生したと伝えられました。

 

今回攻撃に使用されているマルウェア(※)に感染すると、お使いのコンピューターから文書やパスワード情報などを盗み出される恐れがあります。

 

▼Javaの脆弱性悪用攻撃がまたまた発生、「最新版に更新を」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1309/04/news027.html

 

今回の攻撃では二つの手口が併用されています。
・スピアフィッシングメール
特定のターゲットを狙ってフィッシングメールを送り、ウイルスを仕込んだWebサイトへ誘導する
・ウォータリングホール(水飲み場)攻撃
ターゲットがよく利用するWebサイトに罠を仕掛け、待ち伏せ攻撃をする

 

対処法として、お使いのコンピューターにインストールされているJavaを最新版の「Java SE 7 Update 25」へのアップデートが有効です。

まずはお使いのパソコンに、Javaがインストールされているかを確認してみてください。

 

【バージョン確認方法】—————————

下記ページにバージョンの確認ボタンがあります。

▼Java公式ページ
http://www.java.com/ja/download/installed.jsp

こちらでバージョンをご確認いただき、最新版「Java SE 7 Update 25」でなかった場合、アップデートを行ってください。

▼Javaがインストールされていない場合、下記のように表示されます。

この場合、アップデート作業の必要はありません。

▼Javaの最新版「Java SE 7 Update 25」がインストールされていれば、下記の画面が表示されます。

こちらの場合もアップデート作業の必要はありません。

※Javaのデフォルト設定では、自動更新がONになっていますので、自動的にアップデートされます。
更新の設定を手動に切り替えておられる方はご注意ください。

————————————————-

 

【アップデート手順】—————————–

1、スタートメニューからコントロールパネルを開きます。

2、「Java」をダブルクリックし、「Javaコントロール・パネル」を開きます。

3、「更新」タブをクリックし、「今すぐ更新」を押します。
この時、「更新を自動的にチェック」をチェックしておくと、次回から自動的に更新がされていきます。

4、右下に「Java Update利用可能」という吹き出しが出てきます。
こちらをクリックし、画面の指示に従ってインストールを行ってください。

————————————————-

 

※マルウェア…不正を働く目的で作られた、悪意のあるソフトやコードのこと。コンピューターウイルスもこの一種。

このページの先頭へ