ブリッジのWebサイト制作サービス

  1. HOME
  2. サービス
  3. 中小企業におけるホームページの必要性

中小企業におけるホームページの必要性

企業とは

経済活動を継続して実施することにより、財産上・金銭上の利益を得る組織のことです。
資本金や従業員数などによって規模が分類されています。
中小企業基本法の定義に該当するものを中小企業とし、それよりも規模が大きければ大企業という考え方です。

中小企業

日本全体の企業数のうち、中小企業の割合は95%以上を占めています。
中小企業は、日本の経済を支えている存在であると言えるのです。
分類する基本となる中小企業についての定義は次の通りです。
また、以下の条件を超える資本金と従業員数の企業を大企業として分類することになります。

【小売業】資本金が5,000万円以下、従業員数が50人以下である。

【サービス業】資本金が5,000万円以下、従業員数が100人以下である。

【卸売業】資本金が1億円以下、従業員数が100人以下である。

【その他の業種】資本金が3億円以下、従業員数が300人以下である。

中小企業の問題点

経営者や事業主が労働者としても従事していることが多いのも、中小企業の特徴です。
そのため、時代の流れや環境の変化などに対する反応が遅れてしまうことがあるのです。

時代や環境の変化は企業にとって非常に重要で、市場の流れがどのようになっているのかなどの情報を十分に集めた上で、今後どのように動いていくかを予測していくことが必要です。
しかし、その役割である経営者や事業主が労働に従事していると、その把握をする余裕が持てず、結果として経営に良い影響を与える風を受けるチャンスを逃してしまうのです。

ホームページ制作の必要性

ホームページ制作 経営者や事業主が労働に従事していても、上手に時代の流れや環境の変化をキャッチし、良い方向で反映させている企業もあります。
つまり、時代の流れに合わせたツールや方法を柔軟に取り入れ、お客様とのパイプ役を一任するということなのです。

時代や環境とのパイプ役として活躍するのが、ホームページです。
会社の紹介やアピールなど情報発信するためだけではなく、お客様の声や目線を直に感じることができるようなホームページ制作をすることによって、企業に有益となる情報を得ることができるのです。

当社では、集客や成果につながるホームページ制作を行っております。

京都・大阪・東京と実績を積み上げてきた当社の集客や成果のアップにも、ホームページの存在が不可欠なのです。

お見積り・ご相談などお気軽にご連絡ください。

[無料]お見積り・お問い合わせ(24時間受付)

このページの先頭へ