コンサルティング

  1. HOME
  2. コンサルティング
  3. ユーザー中心Web改善サービス
  4. ユーザーテスト(ユーザー行動調査)

ユーザーテスト(ユーザー行動調査)

答えは、ユーザーが知っています。

WEBサイトはユーザーのためのもの

WEBサイトはユーザーのためのもの

当たり前のことですが、WEBサイトを利用するのは全てユーザーです。そのユーザーが実際にWEBサイトを使ってどう感じるか、本当に求めていることはなにか、ということが最も重要であることは言うまでもありません。
そもそも、ユーザーのためのWEBサイトですから、ユーザーにとって価値の高いものはユーザーが知っているはずです。それだけはデバイスや行動が変わっても、普遍的なことに変わりありません。

制作側の視点ではわからないことだらけ

制作側の視点ではわからないことだらけ

もし、いままできちんとユーザーに向き合うチャンスがなかったなら、ユーザーに向き合い見つめることで、思いも寄らない阻害要因や改善ポイントが姿を表すでしょう。そこには、企業のWEB担当者やWEB制作会社のディレクター、プランナーの経験や想像だけでは見つからない問題がたくさん埋もれています。

ユーザーは自分のニーズをちゃんと言葉にできない

ユーザーは自分のニーズをちゃんと言葉にできない

だからといってユーザーに、直接問いかけても、思うような答えは返ってこないでしょう。ユーザーは自分のニーズを正しく伝える術を持っていません。自分でも言葉にできるほど明確に把握できていないから、うまく言葉で伝えることができないのです。

だからユーザーの行動・思考を観察することが重要

だからユーザーの行動・思考を観察することが重要

ユーザーの求める最高の価値を提供するには、ユーザーの行動・思考を観察することが最も有効です。ユーザーは言葉にはできなくても、局面局面での思考や行動に確実にそれは現れてくるからです。ブリッジでは、ユーザーの行動や思考を観察することによって、価値の高い問題を掘り当て解決策を導きます。

お見積り・ご相談などお気軽にご連絡ください。

[無料]お見積り・お問い合わせ(24時間受付)

このページの先頭へ

WEBコンサルティング

ビジネスと人をつなぐITソリューション創造マガジン「Webコトピックス」
UX KYOTO ブリッジコーポレーション主催 セミナー情報

ホームページ制作に関する無料見積り・問い合せ

  • 電話番号 0120-957-593|受付時間:平日10:00~19:00|定休日:土日祝日
  • ネットからのお問い合わせ